気分変調症の症状と特徴

悩む女性

今、注目される新しいうつ、気分変調症とは

ディスチミア症候群は別名、現代型うつ病といいます。この新しい病がいま、注目されています。数年前にメディアを通じ、高貴な方がこの症状ではと報道されました。それを受け、自分も同じではないかと話題になっているのです。その真偽はともかく、20代から30代にかけて患者が増加しています。症状は特徴的で、従来のうつとは正反対ともいえるものです。仕事への意欲は無いが、趣味や遊びは元気に行う。なにかあれば自分は悪くなく、他人のせいにする。社会性が低くて、自己中心的です。この症状はふさぎ込んで動けない従来型とは違い、一定の条件下で起きます。明らかな違いは、2つあります。他人からの評価を異常に気にすること。自分優先主義ともいえる傾向があることのふたつです。ディスチミア症候群の治療には、従来の抗うつ薬は目に見えた効果はありません。肉体的な原因ではなく、心理的、社会的な要因で発生しているのです。解決には臨床心理士によるカウンセリングが必要です。ストレスコントロールなどの心理療法がディスチミア症候群にはよいのです。

ディスチミア症候群ではないかと思ったなら、ネットなどで自己診断してみましょう。ポイントは、4つあります。まず、自分が一番大事という自己愛が強いこと。何か失敗したなら、自分ではなく他人が全て悪いと考えるか。仕事への積極性がない。けれども、趣味などは元気に行うなどです。これらの点があてはまるならば、ディスチミア症候群の可能性があります。自分がそうであると感じたなら、精神科の受診を検討してください。これはあなたの肉体的な病ではありません。ですから投薬による解決は期待できません。事前に受診を検討している医療機関へ、連絡をいれましょう。その際に大事なことは、臨床心理士によるカウンセリングです。それを行ってもらえる医院や病院を選ぶことです。なぜならば、解決にはカウンセリングが必要だからです。心理士の資格をもつ医師がいる、医療機関を選択しましょう。こころの問題ですので、気長に構えましょう。職場にもきちんと説明し、理解を得た上で受信できれば一番です。場合によっては休職も検討すべきです。

やる気を失った時の対処法

聴診器とハート 時間帯によってディスチミア症候群の症状は大きく変わるもので、仕事を始める前なら元気に活動できる人も珍しくありません。心を落ち着かせたまま治療を続けるためにも、苦痛を感じずに通院しやすい時間帯を見つける事を推奨します。

詳しく見る

内服薬が効きにくい病気

看護師 ディスチミア症候群は、非定型うつや気分変調症とも呼ばれています。うつ病のひとつですが、一般的なうつ病とは違った症状が見られることが多いです。気になる症状が長く続く時は、精神科の病院やクリニックを受診することが大事です。

詳しく見る

一般的なうつ病とは違う

カウンセリング 仕事では暗い気分でプライベートでは明るくなるディスチミア症候群は、医療施設で診てもらえます。ただし、一般のうつ病とは異なる治療方法が必要になるケースもあるので、カウンセリングをしてくれるところを選んだほうがよいでしょう。

詳しく見る

精神疾患の治療

診察 ディスチミア症候群は、抑うつ状態が長く続くという特徴があります。軽度の気分の落ち込みだからと見過ごしがちですが、日常生活への影響は決して少なくありません。したがって、辛い状態は放置せず心療内科などのクリニックを受診することが大切です。

詳しく見る

うつ病の内容について

診察 ディスチミア症候群は若い年代に多く、病気だと気がつきにくいので早めに病院に行って相談した方が良いでしょう。そして他人を批判したり気分の上り下がりが起こりやすくなったりしやすいので、そんな場合にはこの病気の可能性を考えることをお勧めします。

詳しく見る