うつ病の内容について

診察

新型のうつの中の一つについて紹介します

ディスチミア症候群とは20〜30代の若者に多い新型うつの一つですが、この場合は病気に気がつきにくく治療法についても完全に決まってはいません。ですからこの病気にならないように注意することと、この病気かもしれないと思ったときには早めに病院に行って相談してみることが大切です。そしてこの種のうつ病では、不機嫌な気分が続いて他者を批判したくなりやすいため、一般のうつ病と症状が違い周囲の人達からうつ病と思われないことも多いようです。また一般的なうつ病では、十分に休んだり薬を飲んだりすることで治る可能性が出てきますが、ディスチミア症候群では必ずしも効くとは限らないので注意が必要です。この場合にはこの種の病気に詳しい医師のところに行って、時間をかけて相談をしてじっくりと問題点を知るようにするとプラスになりやすいでしょう。さらにこの病気だと分かったときは家族や仕事場の人達にもそのことを知らせて、性格だけで問題が起こっているのではないことを気づかせることも大切です。

ディスチミア症候群は一般のうつ病のように自責の念が強くなるのではなく、希望するようにならないときに自分以外の人のせいだと思うことが多いと言えます。また落ち込んだ気分のときがあっても、嬉しいことが生じたり休日などには気分が良くなって元気に活動できる可能性も出てくるので気分の上り下がりが生じやすくなります。そしてこの種の病気では、周りの人達から病気とは思われずによく理解してもらえないことも多いので、この病気を知る医師などにカウンセリングを頼んだ方が良いでしょう。さらにディスチミア症候群の症状としては自立神経失調症や不眠症などが生じることがあるため、このようなときは薬を使用する治療法が必要になってきます。なおこの病気は、幼児の頃に過保護に育てられて本当の自分らしさを抑えて良い子を目指すようにすることが要因になりやすいとも言われています。そして若い年齢層に多く、30代や40代でひきこもりになるような場合もあり、そんなときにはこの病気の可能性も考えてみることをお勧めします。